ロゼッタについて

ロゼッタについて

和食と洋食を比較して、主食が異なるというところが最も大きな違いということができます。和食の場合には、米を主食として食べる傾向があります。しかし洋食の場合には、パンを主食とすることが少なくありません。イタリアン料理でも、パンを主食とするケースもあります。

 

 

 

イタリアンで使われるパンについてですが、いくつかの種類があります。その中でもロゼッタは、イタリアの、特にローマで昔から愛されているパンということができます。ロゼッタというのはイタリア語で「バラ」という意味があります。

 

 

 

バラの花の形に似ていることから、ロゼッタと名付けられるようになったとされています。
ロゼッタの特徴は、外のところがカリカリとしていることがあげられます。しかし中のところは空洞になっていて、カリ、サクッとして中は柔らかい食感があります。

 

 

 

またロゼッタは焼いた状態で提供されることが多く、しっかりと熱を通します。このため、香ばしい香りが、食欲を高める効果を期待することもできます。

 

 

 

 

ロゼッタについて関連エントリー

ラビオリについて
ラビオリについて
ラザニアとは
ラザニアとは
マルゲリータについて
マルゲリータについて
マリナーラとは
マリナーラとは
リゾットという料理
リゾットという料理
アランチーニコロッケ
アランチーニコロッケ
カルパッチョとは
カルパッチョとは
保存食のパンチェッタ
保存食のパンチェッタ
「別れ」の決断
「別れ」の決断
北イタリア料理
北イタリア料理
南イタリア料理
南イタリア料理
自家製パスタ
自家製パスタ