保存食のパンチェッタ

保存食のパンチェッタ

イタリアンの中にも保存食はあります。その中の一つにパンチェッタというものがあります。生ベーコンと呼ばれることもあります。パンチェッタはもともとイタリア語で「豚のバラ肉」のことを言います。この豚のバラ肉を塩漬けにしたものもパンチェッタというふうに呼ばれることがあります。

 

 

 

豚肉を塊の状態で、荒塩をすりこんでいきます。そしてその状態で、乾燥をさせて1カ月程度の時間をかけて熟成をさせていきます。

 

 

 

パンチェッタは細かくカットをして、いためものとして使うこともあります。また炒めると、脂が塩と絡んだ状態で、出汁のように出てきます。これをパスタソースもしくはスープの中に混ぜることで、隠し味として活用をすることもあります。

 

 

 

また中には、生ハムと同じ状態で、そのままで食べるということもあります。通常のベーコンと比較をすると、熟成している分、やや酸味が効いているところが特徴ということができるかもしれません。またパンチェッタを燻製にして食べることもあります。

 

 

 

 

保存食のパンチェッタ関連エントリー

ラビオリについて
ラビオリについて
ラザニアとは
ラザニアとは
マルゲリータについて
マルゲリータについて
マリナーラとは
マリナーラとは
リゾットという料理
リゾットという料理
アランチーニコロッケ
アランチーニコロッケ
ロゼッタについて
ロゼッタについて
カルパッチョとは
カルパッチョとは
「別れ」の決断
「別れ」の決断
北イタリア料理
北イタリア料理
南イタリア料理
南イタリア料理
自家製パスタ
自家製パスタ