生まれ変わったイタリア料理

生まれ変わったイタリア料理

世界中どこに行っても見かけるイタリア料理といえば、なんといってもピザとスパゲッティです。 日本でもすっかりなくてはならないメニューとなりましたね。

 

こちらの船橋 居酒屋は友達にも好評です。

 

日本の寿司がアメリカに入ってカリフォルニア巻きが出来たように、イタリア料理も他国に入って、その国の味覚と融合して、形状や味覚に独自の発展を遂げています。

 

日本で言ったら、たらこスパゲティがまず思い浮かびます。海産物が豊かなイタリアにもありそうなメニューですが、イタリアにはない組み合わせだそうです。たらこスパゲティを筆頭に、日本独自に納豆スパゲティ、ひじきスパゲティなど多くのバリエーションを創りだしました。 ピザも同様に、お好み焼きピザなど色々と試みられているようです。

 

 

 

日本では厚みのあるパンピザが一般的ですが、あの台はアメリカ風だそうです。これは、ピザがイタリアから直に日本に入ったのではなく、アメリカ経由で来たことを表しています。アメリカにも大勢いたイタリア移民者が、ピザをアメリカにもたらしたのでしょう。本場のピッツアはマルガリータで代表されるように台が薄いものです。これを石焼釜オーブンで焼くと、とてつもなく美味しいのです。

 

カフェで見かけるイタリアデザートも、やはり日本風に生まれ変わっているのを多く見かけます。 デザートを和風に仕上げるのは簡単です。 抹茶を入れれば出来上がり。 抹茶入りのシフォンケーキがあるように、抹茶のアフォガードも登場しています。 イタリアの焼き菓子のビスコッティも、抹茶やきな粉を入れればあっという間に日本の味に仕上がります。イタリア人に食べさせたらなんというかは不明ですが、日本人の味覚には合っているので、これはこれでいいのですね。

 

お店ってどこがいいか迷いますよね。有楽町 居酒屋は何を食べても美味しいのでうれしいです。

 

韓国などでも、いかにも韓国らしいものと融合されて、人々に愛されています。イタリアの赤がトマトならば、韓国の赤はキムチです。キムチを使用したチャーハンや、チゲ(濃いスープ)にチーズを入れるとコクが増すのをご存知でしょうか?若者向けのメニューに、ピザチーズがかかっているのは、よくみかけます。ラザニアにキムチを入れるのもなかなか美味だそうです。

 

 

 

最近日本にも知られるようになったトッポッキというお餅があります。これを並べて
台を作り、その上にソース、具、チーズをかけてピザにして食べるというのが
ちょっと目新しいおやつメニューとして紹介されたりもします。

 

 

 

このように、他国の人に愛され定着すると、必ずその土地の特色の味と結びつき、発祥の地の人にとっては思いもかけない味が新たに生み出されるものですね。