南イタリア料理

南イタリア料理

日本人がまさにイタリア料理としてイメージするのが南イタリア料理です。
ナポリに代表されるようなピッツア、トマトソース一杯のパスタや魚介類に代表されるように日本人のイメージのイタリア料理は、南イタリア料理がほとんどです。

 

銀座で居酒屋を探すなら

 

タコの料理やブイヤベースなど、日本人の口にあうシーフードメニューも豊富です。やはり南イタリアはその温暖な気候を活かしてオリーブオイルやワインの生産がさかんです。安くて美味しいパスタは、イタリアだけではなくて、いまや世界の食べ物になりましたが、パスタは保存がきくし、どんなお料理とも合わせられる癖の無さが特徴となっています。

 

 

 

またピッツアで使われることの多いモッッアレラチーズも南イタリア料理では多用されるでしょう。ハーブを使ってより食べやすくして臭みを抑えた肉、魚料理に代表されるように、南イタリア料理は豪快さがポイントです。ガーリックやハーブを多用したしっかりした味付けで乾燥パスタを多用します。フルーツや木の実類も多く料理の中に登場して、よりフルーティーで新鮮な味わいのものが多いようです。また地域によってはスパイシーな味付け、唐辛子などが好まれることもあるようです。

 

 

 

時間の流れも北部よりのんびりした感のある南イタリアは、お昼に家族が集まって何時間もかけてゆっくり食事をすることもあるといいます。南国気質というか、おおらかなのは、温かい地域に住む人にとっては共通する気質なのかもしれませんね。イタリア人のイメージはまさに南イタリア人のイメージですね。