イタリアの地域で違うイタリアン

イタリアの地域で違うイタリアン

本場のイタリア料理でも国の南北や海寄り又は山岳地域などの地域によって料理に違いがあります。

 

 

 

イタリアでもフランスに近い北方側ではフランス料理やスイス料理の影響が色濃くなっていますのでチーズやバター、生クリームなどの乳製品を多く使った料理が出て来ます。

 

一方で地中海の海に面している地域では魚貝類が多く使われた料理が特徴になっています。

 

イカやタコ、エビ、貝類や魚類の鍋料理や白身魚のアクアパッツァなどが美味しい料理です。

 

吉祥寺駅周辺の居酒屋は良い個室のお店が多いです。

 

海から離れた内陸部に行きますと豚や牛は勿論のこと鶏肉などを使った料理が多くなっていますし、チーズやバターなどを使った料理が特徴になります。

 

東部のイタリアではオーストリアやスロベニアの影響がつよくでた料理になっていますが、北アフリカに近い地域ではあらアランチーニやクスクスなどといったアラブ系の料理が多くなっています。

 

南イタリアのナポリではオリーブオイルとトマトが特徴になっていて、これがイタリア料理全体に大きな影響を与えています。

 

現在でもイタリア料理のイメージにはトマトとオリーブオイルが強いのですが、実際にはナポリなどの南部料理から始まっているのです。

 

 

 

日本人に大きく影響を与えたイタリア料理といえばスパゲッティーやペンネ、マカロニなどのパスタ料理とピザがあげられますが、これらのパスタといえばトマト味とオリーブオイルが日本人に浸透しています。

 

しかし、本来のイタリアのパスタは岩塩とアンチョビの塩味で茹で上げたスパゲッティーをサッと炒めるシンプルな物が本流でトマト味のパスタは南部の影響が強くでたパスタになります。