アラカルトメニュー「主菜以外のメニュー」

アラカルトメニュー「主菜以外のメニュー」

イタリアンではアラカルトで注文するにはワインなどのドリンクメニューの注文が終わったら、初めにセカンドピアットというメインディッシュの肉料理や魚料理をオーダーします。

 

メイン料理を決めましたら次に前後の副菜の注文をしますが、一般的にはワインに合うような酒の肴的な感覚でアンティパストというフレンチでいうところのオードブルを1品オーダーすれば主菜がでてくるまでの繋ぎになります。

 

 

 

次に決めたいのはお腹が空いていればイタリアンでは欠かせないパスタ料理の中からスパゲッティーやペンネ、もしくはリゾットを注文します。

 

中には肉料理や業界類などのメイン料理を注音しないでパスタを中心にオーダーする人もいます。
一寸ピットした味付けの四季の野菜やハムなどと合わせてオリーブオイルで炒めたペペロンチーニ・スパゲッティーはオススメのパスタです。

 

トマト味が好きな方にはアラビアータのペンネやスパゲッティー等がおすすめパスタでしょう。

 

ライスが良い方には日本のお粥に似ているリゾットも日本人に向いているかもしれません。

 

ブルーチーズやゴルゴンゾーラなどのチーズを絡めてあるリゾットは胃腸にも優しく美味しい料理になります。

 

 

 

ここまでで充分にお腹は満足していると思いますが、最後に食後のデザートとしてお勧めのドルチェをウエイターに訪ねて注音すれば甘い甘味が身体を癒してくれるでしょう。

 

 

 

オーダーするときに注意すべきこととして、お腹が空いている時には注文し過ぎてします傾向が有りますので初めは少なめの品数をオーダーしてお腹の状態を確認しながら途中で追加してもイタリアンはスピーディーに作れますので充分に時間に間に合います。