イタリア料理について

イタリア料理についてエントリー一覧

おいしいイタリアンワインとは
美味しいイタリアンワインは、他のワインの選択と一緒で、その料理にあうものをセレクトすることです。ワインに関してかなりこだわりのある人は、レストランでも良いワインを持っているところに行く事でしょう。中には、ワイン専門店もあって、その場合は、ワインが中心で食事はどちらかというとその添え物です。イタリアンワインは、もちろん赤ワイン、白ワイン、そしてロゼもありますし、スパークリングワインもあります。なんといってもイタリアは20州すべてでワインが製造されている恵まれた風土で、常にフランスとともに、世界の生...
イタリア料理店の探し方
本当に美味しいレストラン、イタリアンはやはり口コミをあてにするのが良さそうです。とくに女性に人気のイタリアンですから、舌の超えた女性などに聞いてみると、きっと2、3、美味しいレストランを教えてくれることでしょう。イタリア料理は、もちろん検索サイトや雑誌でも探すことができますし、そういった宣伝をかけているレストランは、やはりクーポン利用などもできて、販売促進をしていることもあって、最初はかなりリーズナブルな値段で試してみることができるし、まずはランチタイムのランチメニューを試してみるのがおすすめで...
イタリア人の民族性
世界各国の国民性を表すジョークはいろいろありますよね。例えば、船が沈みかけている時に、海に飛び込むよう促す言葉があります。 アメリカ人には、「今飛び込めばヒーローになれますよ」で、日本人には、「他の人は皆飛び込みましたよ」だそうです。イタリア人はというと、「美女が海で泳いでいますよ」 だそうです。イタリア男性はそれだけ美女に弱いということなのでしょうか。なんだか笑ってしまいますよね。また、イタリア人は、「規則を嫌う」民族でもあるそうです。看板にでも書いてあったら、それを破るのが普通なので、交通規...
イタリアのマンマの味
もしも、あなたが思いを寄せているイタリア男性がいるとします。それならば、攻略技にインプットしておかなくてならない大切なことがあります。 それは、彼の胃袋を掴む事です。 すなわち、彼のマンマの味を知ることです。 そういってもいいくらいにイタリア男性はマンマの味を恋しがるといいます。それがどこまで真実なのかは未確認ですが、結婚生活において、味覚を掴むのが重要なのは本当です。イタリアのお袋の味として、日本人でも思いつくことが出来るのは、ミネストローネとかラザニアといったところでしょう。 この二つも大切...
ダイニングバーってどんなところ?
ダイニングバーってよく聞きますがどんなお店か詳しく知ってますか?ダイニングバーは焼酎や日本酒、その他いろいろなお酒が楽しめるお店です。最近、流行っています。店内にはカウンターがあり、カウンターに座ってお酒を楽しみながら、お酒に合った料理やおつまみを食べます。ですので、居酒屋のように大人数でワイワイ行くのではなく、一人やカップルで行くお店がダイニングバーです。お酒とおつまみを食べながら、音楽や会話を楽しむ空間です。大人の世界ですね。私はお店に頻繁に通って馴染みになりました。馴染みになると自分だけの...
イタリアンとはイタリア料理のことです
日本ではイタリア料理のことを「イタリアン」と呼んで親しまれています。イタリアンの代表的な具材はオリーブオイルやトマト、オリーブなんかを想像する人も多いのではないでしょうか。これはナポリなんかの南の方のイタリア料理に多く使用される具材です。北イタリアではバターや生クリームを使用した料理が多いです。イタリア料理は素朴で素材の味を生かした料理が多いです。       調べていて意外だったのはエスプレッソもイタリア料理だったことです。イタリア料理と言えばリゾットも有名だと思います。 イタリアはヨーロッパ...
鉄板焼きは誰が焼く?
以前、職場のみんなで鉄板焼きを食べに行ったことがあります。30人ぐらいで鉄板焼きのお店に行きました。お好み焼きと富士宮焼きそばが有名なお店でした。私は富士宮焼きそばは初めて食べるのでとても楽しみでした。       材料が運ばれてきて材料を焼いていると、お店の女将さんが「そんな焼き方ではダメ」と言ってお好み焼きも焼きそばもうまく焼いてくれました。初めて食べる富士宮焼きそばは最高でした!!非常に助かりましたが、庶民的なお店ではどうしたらよいのか迷いますよね。みなさんもそういった経験はありませんか?...
パスタの種類
イタリアンといえばパスタが有名ですね。「パスタ」とはイタリア語で日本でいう「麺」という意味に近いです。いくつかパスタの種類について説明します。まず、ロングパスタで有名なところではスパゲッティです。太さは様々ですが2ミリぐらいのものが多いです。スパゲッテーニは日本では一般的なパスタです。「より細いスパゲッティ」という意味だそうです。タリアテッレは卵を入れた練り粉を伸ばした麺を7〜8ミリ幅に切り分けたパスタです。ロングパスタの他にはショートパスタがあります。ショートパスタでは有名なペンネがあります。...
イタリアの地域で違うイタリアン
本場のイタリア料理でも国の南北や海寄り又は山岳地域などの地域によって料理に違いがあります。イタリアでもフランスに近い北方側ではフランス料理やスイス料理の影響が色濃くなっていますのでチーズやバター、生クリームなどの乳製品を多く使った料理が出て来ます。一方で地中海の海に面している地域では魚貝類が多く使われた料理が特徴になっています。イカやタコ、エビ、貝類や魚類の鍋料理や白身魚のアクアパッツァなどが美味しい料理です。海から離れた内陸部に行きますと豚や牛は勿論のこと鶏肉などを使った料理が多くなっています...
イタリアンを食べる時のマナー
イタリア料理の前菜は食欲をそそるように手のこんだものが出てくることが多いです。カルパッチョやマリネなんかが出てくることが多いと思います。主菜は素材の持ち味を生かしたシンプルな料理が並ぶことが多いです。料理が出てくる順番は前菜、パスタ、主菜、パン、サラダ、デザート、コーヒーの順に出てきます。スープはスプーンで飲むタイプのものであれば音を立てずに飲むようにしましょう。ピザは注文する順番はすべて注文しないといけないわけではありません。どれかをとばして注文することも可能です。イタリアンのドレスコードは男...
自分で作る簡単イタリアン
イタリア料理がグルメの間で本場の味が取りざたされるようになるまでは、イタリアンは、まずはスパゲティやマカロニなど、基本的なパスタ料理はすべて家庭料理として定着していました。ナポリタン、ミートソースなどは、子供の大好きなメニューとしてどんな家庭でもヘビーローテーションしていたはずです。しかし、よりイタリア料理人気が高まるにしたがって、より本物の味をもとめる人々が増えて、パスタの種類や、また味付けのレパートリーは増えていきました。自分で作れる簡単イタリアンと言えば、昔ながらの洋食イタリアンという時代...
リーズナブルなイタリアン
イタリアンの本場の食材も輸入食材店で簡単に入手できる時代になっているので、特にイタリアンを作る場合も、問題なく、そして本場の味を味わいやすくなっています。レストランの味も、デパートの地下や、または店頭でのテイクアウト、そして通販やカタログショッピングで有名シェフの味を味わってみることができますね。またイタリアンはなんとなく高級感があるのに、お値段はリーズナブルで、非常に満足感が高く、量もたっぷりとしているので、育ち盛りでも十分満足できる料理になっています。味わいの他にも食事には満足感も大事ですが...
デザートはやっぱりイタリアン
イタリアンデザートといえば、ジェラート。最近はアイスクリームとしてすっかりアメリカが発祥のように思われがちですが、やはり本場イタリアもののジェラートはさすがの味わいです。そしていまでは家庭用のアイスクリーム製造機もかなり普及しているので、自宅のホームパーティーでも本格的なものをあじわうことができるし、やはり作りたてのアイスクリームはとっても美味しいです。また、ティラミスはおなじみですし、もちろんパンナコッタも忘れてはいけません。イタリア名物フルーツ一杯のドルチェのレシピは尽きることがありません。...
居酒屋メニューとイタリアン
日本でとても人気があるイタリア料理なので、居酒屋メニューになっているピザ屋日本風のパスタ、またはマカロニサラダなどを含めて居酒屋で食べられるイタリアンは多いです。本格的にイタリアンレストランにいかなくても、そうしたイタリア料理は、焼酎やカクテルなどとともに、気軽に楽しむことができるのが日本の良さです。居酒屋メニューとイタリアンは実はとっても相性がよくって、おそらくお酒もえらびませんし、悪酔い防止の為に、ちょっとチーズでも食べておくとより安全に健康にお酒を飲むことができます。居酒屋メニューはよりア...
イタリア料理を味わうには
今はイタリア料理だけではなくて、話題のレストランなどはインターネットの検索ですぐに見つけることができるし、特に美味しい店や評判のよいお店はすぐに口コミなどで広がっていきます。特に検索などをかけなくても、有名店などは雑誌を含めたマスメディアを中心にすぐに全国的に紹介され、有名店ともなります。しかしイタリアンレストランも玉石混交であり、しかも都心部などは競争は激しく、しかも家賃が高いなどの問題があって、なかなかいいレストランでも経営のほうは難しく、美味しくて人気があるのに閉店ということもあるのです。...