素敵なイタリア料理の見つけ方について

イタリアンとはイタリア料理のことです

日本ではイタリア料理のことを「イタリアン」と呼んで親しまれています。イタリアンの代表的な具材はオリーブオイルやトマト、オリーブなんかを想像する人も多いのではないでしょうか。これはナポリなんかの南の方のイタリア料理に多く使用される具材です。北イタリアではバターや生クリームを使用した料理が多いです。イタリア料理は素朴で素材の味を生かした料理が多いです。 

 

イタリアン、中華、フレンチ、和食などの料理を提供する場所をまとめてレストランとよびますよね。
テラス席もあるのでゆっくりと渋谷の街並みを楽しむことができると思います。

 

調べていて意外だったのはエスプレッソもイタリア料理だったことです。イタリア料理と言えばリゾットも有名だと思います。 イタリアはヨーロッパ一の米どころです。料理ごとに最適のお米を使いわけています。お米はリゾットだけでなく、デザートにも使用されます。

ブカティーニとは

イタリアンというと、パスタというふうにイメージする人も多いかもしれません。しかしパスタには、いろいろな種類があります。それぞれのパスタをマスターすることで、よりパスタを深く知るのもいいかもしれませんね?

 

パスタの中の一種に、ブカティーニという種類があります。ブカティーニは、シチリアで生まれたパスタの一種を指します。ローマを中心として、イタリアの中部でよく食べられているパスタの種類ということができます。

 

ブカティーニの特徴として、スパゲッティで使われる長めの麺とペンネなどで使われるショートパスタの両面の特性を持っているところがあげられます。またいろいろなソースとの相性がいいところも魅力で、いろいろな料理で使われます。

 

パスタの中には、こってり系のものもありますが、こってり系の重厚なソースにもしっかりと絡むことができます。ブカティーニは形状としては細長いパスタですが、中に穴があいている形状になっています。

イタリア料理を食べるときのマナー

外国の料理を食べるときは、その国のテーブルマナーに倣うのが基本です。イタリア料理を食べるときにはどのようなテーブルマナーに気をつけたらいいでしょうか。イタリアンのシェフたちが喜ぶことの1つが「おかわり」。もしプリモ・ピアットで出てきたパスタがすごくおいしかったとしましょう。

 

もういう場合「おかわり」が可能です。セコンド・ピアットの代わりにもう一度食べるということができるのです。「おかわり」はシェフにとっては喜びの1つなのです。スープやパスタに残ったスープやソースを、パンなどにつけて食べることもマナー違反ではありません。

 

むしろ、そこまでキレイに食べてくれることをシェフたちはとても喜びます。それぐらいにおいしかったということの表れだと受け止めるのです。ナイフやフォークで食べるのが難しいものは手で食べてもかまいません。そしてナプキンやテーブルクロスを汚したことを気にしなくてもOKなのです。汚れていないと「おいしくなかった」ととられてしまうそうですよ。

開放感のあるイタリアン

後輩からイタリアンにでも行きませんかとお誘いいただき、行ってきました。お店は駅から徒歩4分ほどの場所にあり、ガラス張りの明るい雰囲気、スペースもオープンな感じでした。

 

まずは、後輩とビールで乾杯です。一週間の疲れも一気に吹っ飛んでしまう幸せのひと時です。

 

最初に出てきた料理は、トマトとモッツェレラチーズとバジルのカプレーゼ。イタリアンの前菜では、定番の一品です。トマトにモッツェレラをはさみこみ、まるでアコーディオンのようでキレイな盛り付けです。バジルソースと熟成したバルサミコソースをつけながら食べると、トマトの甘みとバルサミコの香ばしさとややなチーズがとってもマッチしていて、シンプルながらに素材の味が良く引き立っていました。

 

パスタは、トマトソースの自家製トルッテリをお願いしました。トルッテリとはパスタにリコッタチーズとほうれん草がペースト状に入ってるもので、これにトマトを火にかけてあっさりとした味わいで、やはり、トマトとチーズの相性がいいのを再認識させてくれる一品でした。

 

メインの「牛フィレのバルサミコソース」をいただきました。ナイフがいらないんじゃないかと思うくらい、柔らかいお肉にバルサミコのソースが良く馴染んでいて美味しかったです。

 

そして男2人ですが、しっかりとデザートも食べて帰る事にしました。お薦めのパンナコッタキャラメルソースを注文しました。こんなにコクのあるパンナコッタは初めてで、程よい弾力性があるのが、コクにつながっている感じで、甘苦い?カラメルソースが本当にマッチしていて、大人の味わいで〆にはピッタリでした。